レディー

自販機を簡単設置!副業ビジネスとして最適

自販機設置の方法

珈琲

問合せを待つ

通常、飲料メーカーが自販機を設置する場合、お問い合わせを頂くところからスタートします。これは企業だけでなく、一般の方でも同じです。まずは電話やメールなどでお問い合わせを頂き、その後設置を希望する場所などに担当者を派遣して、その位置を確認します。その一つですが、どこにでも設置できるわけではありません。もちろん設置を希望される方は売れないよりは売れる方が良いはずですので、できる限り適地を探します。ただし、自販機を設置するためには、いくつか守られなければならない法令やルールがありますので、それを満たさない場所には設置はできません。
例えば、分かりやすく言いますと、道にはみ出してはいけないといったような道路交通法に関するルールや、地震で倒れるようなことがあってはならない、といったような安全装置に関する基準などが存在します。あと、自治体などによっては、街の景観を損ねてはいけないといったような常連があるような場所があります。典型的な例が、京都などのような神社仏閣の多い街のある自治体なのです。このような場所では、通常の配色で自販機を設置できないケースがあります。
その場合は、その自治体の条例に準拠した配色にした自販機を設置することになります。それでは、そのような規規制がないような場所といえば田舎道になってしまうではないか、そんなところに設置してもメリットは無いのではないかという話になるでしょう。普通に考えると大した収入は期待できそうにありませんが、実は田舎道だからこそ、自販機を設置するメリットが出てきます。
単純にジュースを田舎道で入手できる目的としてはもちろん、自販機が街頭代わりにもなるのです。このような点は、盗難の多い外国では真似をすることはできない日本ならではの自販機の運用方法ともいえるでしょう。自販機を任意の場所に設置するためには、まずは本体を入手しなければいけません。いろいろな方法が考えられる中で最もオススメの方法はレンタルです。自販機をレンタルして設置するメリットは、初期費用をほとんどかけなくて済むという点はもちろんのことですが、自販機の設置する場所に関する悩みの相談にも応えてくれる点が大きいでしょう。
とにかく土地を持っているからといって自販機を設置しても、誰も買ってくれなければ意味がありません。プロの目から見ても設置場所に問題はないか、しっかりと判断してもらうことができれば、自販機から念願の不労所得が得られます。不労所得というのはあくまでも表現の1つで自販機を運用していくにあたっては、長くかかる場合もあります。
すべてをメーカーに任せれば、それこそ自販機の運転にかかる電気代だけの出費だけで済んでしまいますが、収入は減ってしまうでしょう。当然のことながら自販機を自分で管理を行なうと、収入を増やすことが可能になります。また、商品のラインナップも自らの好みで選択できるため、市場調査能力や、管理運営能力に長けている人は自販機で多くの副収入を得ることができると思われます。
自宅の前に自販機を設置するなら、自分好みにカスタマイズしてみるのも良いかもしれません。近くに学校やバス停などの人の流れが多くなるような施設があると、自販機としては売上アップのチャンスです。定価通りで自販機を設置していてはスルーされがちでも、少し割安にすると途端に人気が出てきます。
例えば、昨今消費税がアップされていますが、定価通りの自販機を便乗値上げすると、自販機は当然のことながら売上数は落ちます。しかし、消費税分を据え置いたり、逆に値引きして100円均一にしたような自販機は爆発的に売上を伸ばしています。その場合、消費税がアップした分を吸収できるくらいの売上増になっています。